テラソ行きました

 小布施まちとしょテラソ、日帰りで行ってきました。ちょうど6月17日は「飲み歩き・食べ歩きイベント『栗花市』」が開催されていた。駅で、1,000円の買い物チケットを買う。1,200円分のチケットと、小布施→長野間670円の電車代が170円になると云うおまけ付きの、優れものです。早速チケットを片手に、小布施を一廻りすることにした。午後になり、いったん駅に帰り図書館へ向かう。
IMAGE000.jpg

 小布施駅から徒歩2~3分、いや1分か、100mない近さ。「死ぬまでに行ってみたい世界の図書館15」のイメージで行くと、肩すかしを食らうかもしれない。小学校の横に、写真で見るより小ぶりな佇まいで、「テラソ」はあった。人口1万人ちょっとの街相応の図書館といった感じです。館内は土曜日とあって、親子連れがちらほらいましたが、大半は若者でした。思った以上に来館者がいた。しわぶき一つなく、足音も聞こえない。その中で、黙々と机に向かう人々の姿に圧倒されました。ここにはソファーで居眠りをする、老人の姿はありませんでした。写真でもあれば、雰囲気を伝えられるのですが、写真撮影は禁止です。
その代わりと云っては何ですが、小布施の写真をもう1枚。
IMAGE001.jpg
歩道の写真です。よく見ると、ブロックに交じって何かが埋め込まれている。小布施名物の栗の木です。全てを栗の木で造らなかったのは、強度を考えた結果でしょう。足裏に、心地よい弾力が伝わってきます。
歴史の重みと、住民意識の高さが感じられた、小布施の街でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

栗おこわ。
栗かのこ。
美味しいですよ・・・

もっと写真ありませんか?


記事
記事中の青文字はリンク先があることを表しています
カテゴリ
プロフィール

はるか

Author:はるか

かまちょ 図書館へようこそ!
書籍は自前で買う事を信条としてきた団塊世代ですが、年金暮らしとなった昨今、図書館で借りること・欲しい書籍はリクエストすることに。2016/10/13

ビジネスゲームの館
岡山県立図書館
月別アーカイブ
ブログ内検索

最新記事
最新コメント