再び上尾の恥を晒す・・・懲りない面々

 丸山公園の「かい掘りアンケート」について、みどり公園課に問い合わせたが回答は来なかった。久し振りに「みどり公園課」のサイトを観てみると、「上尾丸山公園におけるかいぼり事業、魚釣りに関する市民アンケートについて」と云う記事があった。
内容は、「大かいぼり祭におけるアンケート」と「大かいぼり祭後の現地アンケート」である。ブログ主が問い合わせたのは「大かいぼり祭後の現地アンケート」について、大かいぼり祭のアンケートは知らなかった。
 二つのアンケートは昔風に云えば、”お上の所行”とは思えないほど稚拙な物だ。
とりわけ酷いのは、「大かいぼり祭におけるアンケート」の該当シールアンケート、
どちらの池がよいか写真を見てシールを貼ってもらいました。
Aの写真(左):水草がない池、外来種のコイが泳ぐ池、釣りができる池、
         池への外来魚の放流、ルアーを飲み込んだアオサギ
Bの写真(右):水草が豊富な池、子育てをするカイツブリ、カイツブリのヒナが
         観察できる池、水草のなかで日光浴をするスッポン、水草にとま
         るイトトンボ、在来種のオイカワの群れ
今時小学生でもこんなアンケートはしない。上尾オンブズマン氏は「『誘導尋問』以外の何物でもない」と云ってるが、誘導尋問のレベルにも達しないアホなアンケートだ。(「上尾オンブズマンの館」には、「なぜ魚たちを『生き埋め』に」他詳細記事有り)
 こんなアンケートが市のサイトに公開されている。その気になれば全国至るとこから閲覧可能だ。かつて、市長・議長のダブる逮捕で全国に恥を晒した上尾市、視点を変えればそれ以上の恥さらしだ。「みどり公園課」の上層部はあの「都市整備部」だ。
よくも、こんなアンケートを承認し結果公表を承認したものだ。
 それでも考えようによっては、どこかの国のように改竄されるよりはましかも。





関連記事

コメント

恥さらし

本好き
ろくでもない担当とそのまま掲載を承認する上司。
小学校かよ。
非公開コメント

トラックバック