市長のお仕事?

 秘書政策課の「課からのお知らせ」トップに「2020年4月7日更新 市長行動記録」と云うものが掲示された。市長の1日の行動が記録されているようだ。
そう思って1・2月の記録を見てみた。その内容は町内・地区新年会やXX懇談会、△△セレモニーのような記事が出ているだけである。


 3月には17件の行動記録が掲載されている。17件中13件は、「新型コロナウイルス対策本部会議」である。時間(赤字)はブログ主が会議録より追記したもの。
市長の行動がこれだけとは思えない(本当にこれだけだったら許さね~!!)。
仕事の記録を残せよ。こんな物を掲示して何の意味があるのか。


関連記事

コメント

本当の声をきくべき

私役所
昔、市長交際費を調べたのでURLをクリック。その後は調べていません。

>仕事の記録を残せよ。こんな物を掲示して何の意味があるのか。
推理小説スキのあなたが、なんて誤解を…(-_-;)

実は秘書政策課は彼を快く思っていません。「これしかやってねえよ」という彼らの叫びのサインなのです。
だって上司に不利な事実を公然と流しますか?
せっかく真実を伝えているのだから素直に解釈しまょう。
ハイ。

Re: 本当の声をきくべき

はるか
> 実は秘書政策課は彼を快く思っていません。「これしかやってねえよ」という彼らの叫びのサインなのです。
ホントですか、そうであることを望みますが、ひねくれ者の性でしょうか。
私役所さんの事だから、何か事実を掴んでいるのでしょうが。
しかし、そこまでボンクラなのでしょうか。

> だって上司に不利な事実を公然と流しますか?
世の中「アベノマスク」「アベノコラボ」を薦める輩もいますから。

退職発令

上尾オンブズマン 
3月31日の欄を見ると、「退職発令」とあります。一瞬、「お、やっと畠山市長が退職の腹を決めたのか」と思いましたが、退職する職員の退職辞令を渡す、という意味のようです。もっとも、退職辞令を受けても、そのあと再任用で勤務する職員も多いでしょうから、そういう人は市長から退職発令の紙を受け取っても、何の感慨もないと思います(市長の目の前で退職辞令の紙をビリビリ破くなんて骨のある職員は、おそらくいないでしょう)。
非公開コメント

トラックバック