市民の声を聴くって

 畠山市長は市長就任挨拶で「市民の皆様の声に真摯に耳を傾け」と述べている。
3月議会では「 上尾市上平地区複合施設検討委員会条例の制定」が審議される。
資料によれば、
 5月     検討委員会の設置・検討
 9月     複合施設候補の選定
 2020年度 基本計画策定
この間に市民の意見を取り入れる仕組みとして、
 1.検討委員会への市民公募
 2.ワークショップ開催
 3.パブリックコメント実施
こうした流れを見ると、一見市民の意見を聴いているように見える。
しかし、高々10名以内の委員会で市民公募は2名以内、2名ではなく以内である。10名程度のワークショップやパブリックコメントには、わざわざ「意見は参考とする」と注意書きがある。
役人が云う「検討する」「参考にする」は、何もしない事と同義語は周知の事実。
ポーズでしかないことを明らかだ。

 上尾市の一地区でしかない上平の複合施設に、検討委員会を設置・ワークショップを開催・パブリックコメントを実施するが、図書館本館の改修には未だ梨の礫だ。
本来なら、20万人を超える来館者がいる本館改修こそ、市民の意見を聞くべきである。これでは、逮捕された前市長と何ら変わりがない。全国に恥をさらしても、市政に変化は見られない。
スポンサーサイト

2枚のポスター

 「秋さんの台湾日記」のポスター(1枚目)を見て、2枚目のポスターを思い出した。1枚目のポスターは、カラーを白黒コピーしたのが真相のようですが、2枚目のポスターは正真正銘のカラーポスターです。灰色が微妙。

20190219Mayors electionPoster1

議員の偏差値

 偏差値と云ってもあくまで上尾市議会内での話し。
各地で「議員の通信簿」が行われている。情報公開制度を利用したり、一般質問の内容をチェックしたり、政務活動費を調べたり、精力的に活動しているものもある。
当ブログでも「議員のお仕事」と称して、ささやかな議員チェックをしている。
ここで少しその内容を説明する。過去ログを見てもらえれば分かると思うが、それも大変でしょうから。
 1.会議録から議員の一般質問文字数をチェック
   いかに鋭く深く物事を追求したかを見る
 2.一般質問文字数と答弁文字数の比率
   追求姿勢の質問には答弁は短く、説明や見解を聞く質問には
   答弁は長くなる、と云う観点からの判断
 3.委員会での発言文字数(2018年から採用)
   いかに活発に議論したか
   委員長は議事次第や発言者を指名する事に大半が割かれているため
   カウントしない
 4.一般質問回数の比率(登壇率)
   市民の前で発言することは最低限の義務である

 4項目ともその質問内容は問わない。
内容のチェックは、判定者の主義主張に左右され、主観的にならざるを得ない。
このあたりは「ビジネスゲームの館」にも記事がある。
正副議長は一般質問していないが、出来ない訳ではない。
特権に胡座をかいていると判断、考慮しない事とした。

 偏差値を採用した理由は、平均値や分布が異なるグループを比較できるからです。これによって総合的な判断が客観的に出来ます。各地の「議員の通信簿」も総合評価していますが、多くは主観的であると感じている。また4項目に軽重はあると思うが、客観的に判断できるまでは、重み付けはしない。
20190216Deviation value

会議録遅い・・・役所の怠慢か

 次回「議員のお仕事」を記事にしようと考えているが、未だ12月議会の会議録が公開されない。2月22日には3月議会が開会すると云うのにだ。
議員は一体どうしているのだろうか。会議録がなければ、一般質問にも支障があるのではないか。それとも有権者より先に、議員には公開されているのか。
以前尾花議員が「会議録の公開が遅い件」とブログで記事にしていたが、当局の「最低でも2~3カ月を要する」と説明され納得していた。これでは会議録の半分は次期議会開催に間に合わないし、半分は開催前1~2週間だ。しかし、市区の40%強は1カ月と云う調査結果もある。私には、役所の怠慢としか見えないのだが。

突然の閉館お知らせ

 「情報・賑わい発信ステーション」として、2013年4月30日オープンした「あぴっと!」が、3月30日をもって閉館となる。閉館の理由は書いていない。
書かなくても、「シティタワー上尾駅前」の通路にある「あぴっと」はオープン当初から閑古鳥が鳴いていたし、「情報・賑わい発信ステーションあぴっと!」は、情報を発信していなかった。閉館案内では、「長い間あぴっと!ご愛顧頂きました」とあるが、6年は果たして長いのだろうか。誰も見ない「情報発信モニター」の管理も同じNPO法人だが、これも廃止の運命か。

 昨年「あぴっと!管理運営事業とは」と記事にしたが、あの当時も今日の予感は感じていた。情報発信もろくにしなかったNPOにも責任はあるが、最大の責任は事前調査も、ろくな検討もしなかった(私にはそう見える)市当局にある。

テキスト・マイニング・・・続きを読む

 テキスト・マイニングとは、データ・マイニングの一種で、単語や文章の集まりから自然言語解析を通じてキーワードを抽出、それらの関係性を抽出する分析手法だ。テキスト・マイニングは、1990年代に登場したが、専門家でないと扱えない代物だった。しかし最近は、素人でも扱えるツールが出てきた。しかも無料で。とは云っても素人が出来ることはしれている。せいぜい単語の出現回数位だが、それでも何かが見えてくるかもしれない。

 市議会で対極にある新政クラブと共産党の一般質問事項(会議録より)をテキストマイニングしてみた。
とりあえず試してみたのは、「ワードクラウド」と「2次元マップ」だ。
説明によればワードクラウドは、
 スコアが高い単語を複数選び出し、その値に応じた大きさで図示
 青色が名詞、赤色が動詞、緑色が形容詞、灰色が感動詞を表す
2次元マップは、
 文章中での出現傾向が似た単語ほど近く、似ていない単語ほど遠く配置
 距離が近い単語は色分けしてグループに、XY軸には意味はない
分析結果にある「スコア」は次のように説明されている。
 一般的な文書では、”ごく一般的な単語”が何度も出現する、このような単語は、
 たとえ出現回数が多くても、あまり重要ではなく、テキストマイニングでは、
 このような単語は重み付けを軽くし、調査対象の文書だけによく出現する
 単語は重視する

 分析対象は、2018年3月・6月・9月議会一般質問、使用したツールは、
ユーザーローカル テキストマイニングツール( https://textmining.userlocal.jp/ )
皆さんはこの結果をどう見ますか?・・・・・


続きを読む

視察は旅行ではない!!

 畠山市長は、昨年6月議会で上平の「新図書館複合施設整備事業」を「工事再開でも、中止でもなく、現在の計画を見直しする」と宣言した。
上平の跡地利用として、「(仮)上平複合施設」建設を計画、5月には検討委員会を立ち上げると云う。 市の資料(行政経営部施設課)によれば、検討委員会は10名程度、構成は市民・議会関係・有識者・市職員、主旨は各委員から意見を伺う場として開催、推薦等により選出とある。そして、9月には複合施設候補を決定するとある。検討委員会の10名程度に市職員は入っていないと思われるが、事情通によれば市民の1人は上平住民で2名程度だろうと云うことだ。
「新図書館複合施設市民会議」も委員は11名で、市民は公募の2名だった。
どう見てもやっつけ仕事だ。図書館建設派を宥めるためとしか思えない。

 畠山市長、あなたは小布施にも視察に行きましたよね。
小布施町は人口10,000人ほどの上尾に比べれば小さな長野の町です。
図書館建設にあたり、
 「意見交換会」は町報で全町民に呼びかけ市民30名以上が参加
 「図書館建設全体会議」には市民43名参加
 「図書館建設運営委員会」には市民30名前後が参加しました。
町全体の図書館と一地区の複合施設の違いはあれど、上尾の検討委員会とは雲泥の差です。市長は、小布施で何を見て何を聴いてきたのでしょうか。

瀬戸内市民図書館もみわ広場

 「良い図書館を良いと言う」趣旨で、全国の図書館を対象に審査・表彰する Library of The Year、2017年大賞・オーディエンス賞をW受賞したのは「瀬戸内市民図書館もみわ広場」。
瀬戸内市民図書館は、来館者数・個人貸出冊数13年連続1位の県立図書館が在る岡山市の東隣の市に在る。

受賞理由として下記の三つを挙げている。
 1.子どもたちに本のある広場を
   本と接することが、子どもたちの思考の世界を広げるとの思いから、
   学校図書館に司書を配置することから始まったと云う。
 2.市民の声に,行政,議会が応えたこと
   整備計画の情報公開、整備プロセスへの市民参加、館長の公募等を掲げて、
   市長・議会に要望し、議会が採択して政策立案が進められた。
 3.「もちより・みつけ・わけあう広場」をめざして
   市民と行政が意見交換して整備計画を進め、議会からは新図書館だけでなく
   市全域の図書館環境整備をと云う指摘もあった。
   市民が知りたいことを「もちより」、そのヒントと答えを「みつけ」、
   他の市民と「わけあう」、そんな居場所を「もみわ広場」として育てる。

 そんな素晴らしい図書館「瀬戸内市民図書館もみわ広場」の訪問記が、「つぶログ書店」に写真と伴に詳しく掲載されている。  

インターネット予約!!

 クレーマーにはなりたくないが、言わなければ直らない。言ってもなかなか直らないけれど。

 私が本を借りるときは、インターネット予約を利用している。ところが、昨日今日なんとなく様子がおかしい。いろいろ調べてみると、「よくある質問」に下記のような記述があった。

インターネット予約が現在修正中とある。何をどう修正中かはわからないが。修正中ならばと納得したが?。掲載日が、2010年11月24日更新となっている。

修正中は現在ではないのだ。おかしいと思ったのは、私の勘違いだったようだが、「よくある質問」のインターネット予約が現在修正中とあるのは、紛れもない事実だ(掲載日は8年も前だが)。利用者がここを見て勘違いしてもおかしくはない。
早急に修正すべきである。メールしようかとも思ったが止めた。連絡しても有り難がられる訳もなく、クレーマーとしてチェックされるのがオチだから。

畠山市政で議員は変わったか?

 畠山市政の1年が過ぎた。ツートップが有罪となった後も、市議会が変化したようには見えない。新政クラブと追従する公明党の横暴さは相変わらずだ。

しかし、個々の議員を観てみると、島村市政と畠山市政では少し変わってきたようにも見える。2016年から2018年の一般質問における質問文字数を議事録から纏めてみた。
2018年12月の議事録がまだ公開されていないので、各年1開催あたりの文字数として纏めた。2016年と2017年は島村市政、2018年は畠山市政での文字数。議長・副議長は一般質問しない暗黙の了解があるようだが、質問出来ない訳ではないので無視した。

 畠山市政になってから、新政クラブ議員の発言が活発になっているように見える。
前市長時代は”同じ穴の狢”で、市政に注文つける必要はなかったが、新市長になって牽制する必要が出てきたのだろう。

選挙が近づき、市民へのアピールとも考えることはできるがそれはないと思う。
次回は現役27名(2人の議員が県議出馬)と新人+αの戦いとなる。前回の補選では6名が立候補して2名が当選、落選者が再度立候補しても候補者は31名だ。立候補時点で95%前後の当選確率だ。最悪無投票と云うこともあり得る。これでは市民の眼など歯牙にも掛けないだろうし、議会運営を見れば一目瞭然だ。

 無会派を取り込み(そもそも2人は新政クラブ員)勢力を拡大する新政クラブや追従する公明党議員、滅多に市民の前に顔を出さない議員には、議場から退場願おう。

理性ある上尾市民の底力を!!

記事
記事中の青文字はリンク先があることを表しています
プロフィール

はるか

Author:はるか

かまちょ 図書館へようこそ!
書籍は自前で買う事を信条としてきた団塊世代ですが、年金暮らしとなった昨今、図書館で借りること・欲しい書籍はリクエストすることに。2016/10/13

カテゴリ
ビジネスゲームの館
岡山県立図書館
月別アーカイブ
ブログ内検索

最新記事
最新コメント